低用量ピルと向精神薬の話。

ヘルスケア・美容

低用量ピル使用してます。
低用量ピルとは、経口避妊薬とも言われる女性ホルモンが含まれている錠剤のお薬です。
その名称のせいもあるのか、避妊目的と思われがちですが避妊以外を目的としても服用されてい

ます。
私は生理不順やPMSに対処するためにピルを飲み始めました。
使用歴は4年ほど。
ピルを飲み始めた経緯や服用してよかったことを紹介していきます。

ピルを飲み始めた経緯

生理不順と生理痛にずっと悩まされてきて、でも生理中に腰を温めたりなるべく安静にしてるくらいにしか対処方法を知りませんでした。
社会人になって働き始めてからは、仕事のストレスで休日も仕事のことを考え、寝ていても仕事の夢を見るように。
全然心が休まる日々がなく、常に(仕事で失敗したらどうしよう…あの業務やっておかなきゃ…)と不安な気持ちを抱えていました。
通勤途中に突然涙が出てきたこともあって、だんだん ちょっと普通じゃないかも、情緒不安定なことが多いな、と思い、色々ネットで検索してPMS(月経前症候群)の記事を見つけました。
記事を読んで、たしかに生理中もイライラしたりするけど、生理前が決まって気持ちが沈んで不安定になることが多いなと気が付きPMSについて調べ始めました。

PMSについて色々知っていく中で、対処法としてピルの服用、という記事も何件か読みピルについても調べていくことに。
私は生理痛と生理不順に悩んでいたけどおり、生理痛は鎮痛剤飲めば何とかなることが多かったけれど生理不順については何も対処できていなかった。
働き始めてからは大事な場面で突然生理が始まることもあり、かなりのストレスに感じていました。
(生理来る前は心身の不調や腰回りが重くなってそろそろかな、と身構えることが多いけど身構える前にくることもあり、その場合は特に困りました。)

この悩みをまとめて解決できるのなら…!と思ったのがピルを服用しようと思ったきっかけです。

低用量ピルを処方してくれる婦人科探し

ピルを服用してみようと思ったものの、ピルの種類や副作用の怖さもあり迷いもありました。
ネットからしか情報を得られないのでとにかく色々検索して

低用量ピルがよさそう

という結論に至りました。
これは私がPMS改善・生理痛、生理不順への対処を目的としているためです。

低用量ピルのほかに中容量ピル・高容量ピルがありますが、こちらはホルモンにかかわる病気の治療が目的であったり、ホルモンの含有量が多い分副作用などのリスクも高いと記載されていたためです。

低用量ピルにもいくつか種類があり、副作用の怖さも依然としてあるけれどまずは低用量ピルを処方してくれる婦人科を探そう、と決めて近所で婦人科探しを始めました。

婦人科に限らず、病院探しって難しいですよね。
今はレビューが載ってたりするからなんとなく病院の情報もゲットできるけど通ってみないとわからないことが多い。
初めて行った婦人科は自宅から車で15分ほど。昭和の時代からある病院で、レビューもまあまあ、いまだに続いてるってことはいい感じなのかなと思って決めました。
行ってみるとすごく昭和感!!そして患者さんがまったくいない(^^;)
ものすごくぶっきらぼうなおばあちゃん看護師さん(後で判明しましたが院長先生の奥様でした)が受付にいて、問診票を記入。
(問診票ですが、初潮の時期を記入する項目があります。私は覚えていなくてなんとなくの時期で書いていますが記録とかとってある人は事前に確認してから行くといいと思います。)
ガラガラなのですぐに案内されて診察室に入るとおじいちゃん先生。
初めての婦人科ですごく緊張しました。
ピルを服用したい理由を伝えると簡単に処方してもらえました。
服用についての注意点や副作用についても質問しましたが、「ああ~、大丈夫だと思うよ」みたいな曖昧な返事しかもらえず余栄に不安が増しました。
この病院では
トリキュラー
というピルを処方され、私が服用した初めてのピルです。

その後しばらく通い続けますが先生と看護師さんの対応があまりよくないので病院を変えることに。

次に通院したのは職場の帰り道にあるレディースクリニック。
すごく評判がよくて、通ってみるとたしかに良い。
おじさん先生で真摯に向き合ってくれて話をちゃんと聞いてくれる。
評判がいいのでいつも混んでいるんだけれど、予約制ではないので1時間待ちもザラ。
そこにしばらく通っていましたが通勤の帰り道に電車を降りて10分ほど歩かねばならず(途中下車なのでまた電車に乗って帰宅)、定時で仕事上がらないと通えないこと、距離が遠いこと、待ち時間が長すぎて通院が負担になり、別の婦人科を探すことにしました。

3軒目に決めたレディースクリニックは今現在通院しているところになります。
近所で新しくオープンしたクリニックで、女医さん、ピルも処方している(電話で事前に確認)ということで行ってみました。
新しいのですごく綺麗で受付の人たちも感じが良い。
先生は少しそっけないけど質問にもはっきり答えてくれるし安心できるなと思い通院することを決めました。
(オープン後グーグルのレビューで先生の態度が冷たい、PCの方ばかり見て冷たい、などかなりシビアな意見がたくさん寄せられていたけど、通院回数重ねるにつれて先生の態度もだんだん柔らかくなり、先生も改善しよう頑張っているんだなあと感じました。余談。)

服用したピルの種類と値段と向精神薬

最初に一覧載せておきます。
費用は私が通院したクリニックのものになるので、ご参考までに。

トリキュラー 3100円~3300円(自費)
ヤーズ    2260円(保険適応)
フリウェル  910円(保険適応)
 

初めて服用したのは上記にも書いたとおり、トリキュラー。

保険がきかないため全額自費で、1シート3300円(つまり1か月3300円)。
1軒目の婦人科では明細や領収書を出してくれない(言えばもらると思う)ので内訳は不明。
半年分ずつ買っていたのでけっこうな出費でした。

2軒目のクリニックではピル代は1シート3100円(自費)で診療代とか入って3500円くらいでした。

3軒目のクリニックでも3100円で処方してもらっていました。

ずっとトリキュラーを使っていたけど、トリキュラーにこだわっていたわけではなく最初に処方され、かつ2,3軒目のクリニックでも取り扱っていたので使い続けていました。

トリキュラーを服用し始めて生理不順に悩ませることはなくなり、生理痛もましにはなったけれどPMSは改善した!と確信できるほどの効果はなく。
相変わらず情緒不安定になることがあり自分自身に疲れ切った私は2軒目のクリニックで先生に相談したところ、
ロフラゼプ酸エチル
というお薬を勧められました。
不安や緊張を和らげる薬で辛い症状の時にだけ飲んでください、と。
眠たくなるので絶対に運転前などに服用してはダメで、就寝前に飲むように、と念押しされました。

1日1錠と言われたので服用してみると、鬱々とした気分、不安定な気持ちが嘘のようになくなりました。
ただ効きすぎてしまったのかなぜだかご機嫌な気持ちが続き逆に不安になりました(;´Д`)
先生に相談して、1錠を半分にして服用しなさいと言われ今は半錠服用しています。
1錠飲んだ時ほど不安な気持ちがなくなるわけではないけれど気持ちはたしかに落ち着くようになりました。

7錠で700円、14日分。これを1年ほどで使い切るペースで服用しています。
向精神薬だから多用するのも怖くてどうしてもつらい時にだけ飲んでいます。
いつでも飲める状態にしておくことで安心感を得ている、というのもあります。

という経緯がありトリキュラー+ロフラゼプ酸エチルで生理痛やPMSには対処してきたわけですが、実はトリキュラー服用中不正出血(少量)が続いていました。
3軒目のクリニックで相談したところ別のピルを使用してみようということになり、ヤーズを服用してみました。
ヤーズはPMSへの効果も高いと言われているので身体に合えばロフラゼプ酸エチルもいらないね、と先生と話しながらまずは2か月お試し。
結果は変わらず。
また別のピルにしてみようとフリウェルを服用。
結果変わらず。
検査して、体に異常があるわけではなさそうなのでどうしますか、と言われフリウェル服用を2年ほど続けています。(価格が安いというのもフリウェルを選んだ理由です)

子宮がん検診も毎年受けていますが異常はなく、ピルを辞める方がデメリットが大きいと思い使っています。

デメリット

さて、いいことばかり書いてきましたがピルを服用するうえで負担に感じることもあるのでそこも紹介していきます。

まず、ほぼ毎日服用しないといけない。
これは慣れるまでは負担でした。
元々薬が好きじゃないので毎日飲む習慣なんてないし、机の上など目に付くところに置いても忘れてしまう。

そこで薬の管理をしてくれるアプリをインストールしました。
Medisafe という名目の無料アプリです。
ところどころ日本語対応してないけど、薬を飲む時間を通知してくれる機能さえあればいいのでずっとこのアプリを使っています。
服用時間をセットすると、時間になったら教えてくれる。
スマホは常にサイレントにしていて音もならないしバイブもオフにしてるけど、この通知はサイレントでも音が鳴るので気が付きやすくありがたい。
音もシャシャシャシャシャン、みたいな着信とは違う音だから聞き分けも簡単。
仮に気がつかなくても、通知時間が過ぎるとスマホ開いて最初の画面に服用してるか確認の画面が出てくるので何が何でも飲み忘れ防ぐぞ!という意思を感じます笑

毎日の服用に関してはアプリ入れてから習慣づいて慣れました。
それでも旅行だったりで数日家を空けるときはピルのシート持って行かないといけないので、忘れないように注意も必要です。

当たり前ですがお薬代も負担になります。
特に自費でトリキュラー服用していた時は毎月3000円以上とんでいくので負担に感じていました。
フリウェルにしてからは各段に安くなったのでありがたいです。
ピルの費用を抑えたい場合にはかかりつけ医に相談してみることをオススメします。
その病院が1種類のピルしか取り扱っていない場合は難しいですが、ピルを扱っている病院なら複数種類ある可能性が高いです。
身体にあうのが1番ですが、色々試してみても良いと思います。

あとは副作用に対しての恐怖心ですね。
どんな薬だって副作用の説明はあるのにピルに関してはなぜか恐怖心があり…
周りに「ピル飲んでるよ!」って言いづらい気持ちがあるからかな…
最初の病院でしっかりと説明してもらえなかったこともあると思います。

血栓ができるのがとにかく怖かったけど、今のところ大丈夫。
ピル服用者にとってタバコの匂いはよくないのでタバコ臭いところにはなるべく近づかないようにしています。

あとはピルに体が慣れるまでがキツイ。
人によると思いますが、私は飲み始めの1~2か月気持ち悪さだったり頭痛だったりの体調不良が続きました。
過去に1度、毎日のピル服用がしんどくなってピルを辞めたことがあるのですが、再開時も同様の体調不良が起きました。

デメリットというほどではないけれど、ピル服用すると肌がきれいにというのは実感できていません。
混合肌で乾燥に悩んではいましたがニキビができることは稀で、ピル飲むとニキビが減る!なんて聞いたこともありますが、元々ニキビが出来にくいので実感できていないのかもしれません。
乾燥に対しては効果感じませんでした(ToT)

毎日の服用と費用が負担
副作用が怖い
飲み始めは慣れるまで体調不良が続いた
肌がきれいになった感じはない
私がピル服用するうえで感じたデメリットを挙げてみましたが、それでも自分にとってメリットのほうが大きいので服用を続けています。

 

まとめ



生理で苦しんでいる人たちにピルについて知ってもらえればと思いこの記事を書きました。

何十年も付き合わないければいけないイベント(と呼んでます)なので、少しでも毎月の負担が減りますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました